「好き」と生きよう。

「好き」には妥協しない。好きなことまであきらめたら、
 自分が自分でなくなってしまうから。「好きと生きる」
 つまり「好き」と真剣向き合うのがギャラリー・ド・ポップらしい
 生きかたです。
 細部にとことんこだわり極めた、ナチュラルでかっこいい洋服、
 毎日着てハッピーになれる洋服、ずっと着ていたい洋服。
 そんな洋服を作り、お客様に届けて喜んでいただきたい。
 それが私たちの「好き」であり、願いです。
NEWS
新着情報
2019.11.6
【21新卒】21卒学生対象のインターンシップ日程追加しました。

2019.10.24
【20新卒】20年卒学生対象の新卒採用を終了致します。
      ご応募いただきありがとうございました。

2019.9.1
【21新卒】リクナビ2021インターンシップエントリー受付中
     

新卒採用について

21年新卒採用 pas de calais販売スタッフ

21年卒学生を対象にインターンシップを行いますので、リクナビ2021を確認下さい。

インターンシップ 

日付:2020/2/8(土) 1DAY インターンシップ
時間:13:00~15:30
場所:本社ショールーム  東京都渋谷区恵比寿西-11-16

内容:ブランドの紹介
   実際に洋服を着てもらいます
   先輩スタッフと接客ロープレ
    (皆さんにはお客様側でパドカレ接客を体験してもらいます)
   座談会

持ち物:筆記用具、全身が写っているスナップ写真1枚

新卒入社のスタッフからメッセージ

お客様に信頼していただく事を目標にしています

■現在の仕事内容
商品説明や着方をお客様にお伝えする事も重要ですが、ただ説明するのではなく、「お客様が持っている他のお洋服との合わせ方」「普段どんな服をどういう風に着ているのか」など、お客様の立場になって考えることが重要です。簡単なことのように思えますが、お客様に少しでも私を信頼してお話をして頂く事は、思っていたよりも難しいです。

■私が入社を決めた理由

数あるアパレルブランドの中で、「自分自身が歳を重ねても美しく着られる洋服」「お客様の年齢層が幅広く色々な方とお話できる」ということを軸にして就職活動をしていた時に出会ったのが、パドカレでした。実際の店舗見学に足を運んだ時、先輩方が「せっかく来てくれたから色々着ていってみたら?」とパドカレの洋服を沢山着させてくださった事を覚えています。突然お店に伺った私に凄く良くしてくださって、「この先輩方と一緒に仕事がしたい!」と思ったのが決め手でした。

■就活生へのアドバイス

私は就活する時に、自分が絶対に譲れない事は何か?を考えるようにしていました。漠然としたものでも良いので、それを軸にして就活をすると自ずと職種も職場も絞られていきます。職場を見に行ける環境なのであれば、見に行って実際の空気感を感じてみるのがいいと思います。実際に私たちが働くのは現場なので、現場の空気感が自分に合うかどうかはとても重要なことだと思います。あまり深く考えすぎず、「自分に合う空気感かどうか」「無理なく続けていけそうか」などを重視して就活すれば、悔いのない結果が生まれると思います。

2018年度 新卒入社 河原佳奈

答えのないものですが日々接客について学び知識を増やしています

■現在の仕事内容
新入社員研修でアパレル専門の先生をお招きし、ディスカッションを交えた勉強会もありました。何も知識が無くても事前に頭に入れることが出来るので凄く安心感がありました。正式に配属が決まった後も接客についてより深く学んでは実践しています。様々なこだわりのある当社の商品をしっかりとお客様に伝え信頼してもらえるか、そこがキーだと思います。そのためにはどうすればいいのかを追求していくことが大切だと思います。答えのないものですが日々接客について学び知識を増やしていっております。

■一番うれしかったエピソード
一番嬉しかったのはお名前を頂いたお客様に手紙を出した後、改めてご来店して頂けたことです。わざわざ足を運んで頂き「高橋さんいますか?」と聞いて下さったと分かった時は、それはもう嬉しくあの時こうして良かった!お手紙めげずに出して良かった!と心の底から喜びました。あまり手紙を書くことに馴染みが無かった私はどうしたらまた来て貰えるような手紙が書けるか、と調べたり聞いたりしていたので本当にやりがいを感じました。

■就活生へのアドバイス
就活をするにあたり私は自分の得意分野、技術を発揮出来るかどうかを判断基準にしておりました。色んな企業の話を聞き自分の中で分析していった中で自分の力が試せる、必要としてくれると感じました。「誰でもいい」なんて思う所は一切なく選考中も自分と真剣に向き合ってくれる、そんな所に心が惹かれました。そのような所に重視して就活に臨めばきっと良い方向に向き納得のいく結果が得られると思います。

2018年度 新卒入社 高橋沙月

中途採用について

中途採用  パドカレ販売スタッフ

店舗:丸の内 新丸ビル

業務内容:お客様へのコーディネート提案や接客・販売業務
     商品ディスプレイ・店頭レイアウト
     バックヤードの商品管理 ・数値管理 ・スタッフ教育

ニューヨークのショールームを拠点に、世界各国へ進出しているpas de calais(パドカレ)。
上質な天然素材を用いたナチュラルかつモダンなアイテムは、北フランスの自然に溶け込むリラックススタイルをイメージ。国境と時代を超えたコンテンポラリーなブランドの世界観に共感できる方、接客・販売を通じて、こだわりを極めたアイテムをお客様に提案していける方、アパレル販売が好きでpas de calais(パドカレ)が好きな方、明るくて協調性がある方、長期勤務が可能な方

社員同士の風通しが良く、コミュニケーションをはかりやすい企業風土と、産前産後休暇、育児・介護休業制度など、仕事と家庭を両立させたい方にとって働きやすい職場環境です。

給与:初年度 月給20~25万(前職を考慮の上決定致します。) 
昇給:年1回 
賞与:年2回

本社採用

現在、募集職種はございません。
スタッフの声
お客様満足度を最優先に考え実行し「パドカレ」というブランドのファンになっていただくのと、「鍋谷さんが居てるから、梅田阪神のパドカレへ今日来たよ!」と言っていただけるくらいお客様からの信頼されるコーディネイターになれるよう日々パドカレこだわりの素材や世界観を勉強しております。

年功序列や社歴に関係なく実力や頑張りをしっかり評価してくれてます。パドカレのお洋服はオシャレなデザインで素材にもこだわっており、自分の知らなかった素材や技法など勉強できる事がたくさんあります。お店もチームワークでやっているのでお互い刺激になります。お店にご来店頂くお客様の年齢層も幅広く色々な方のお話聞けて楽しい上に教えて頂くこともあり自分自身視野が広がります。

スキルアップしたい方にはおすすめの会社です。

鍋谷 智美
梅田阪神店
現在入社 3年目
今は サブとして、接客はもちろん店長と共に新人スタッフの育成や店の運営を  行っています。

京都店ではマンツーマン接客するのではなく洋服好きのスタッフとお客様が一緒にお買い物をする様なアットホームな雰囲気で接客する事を心がけています。

販売歴はありましたが他社での接客では あまりなかった光景でいろいろな発見、気づきをみんなで共有し  次につなげられるので改めて接客の仕事がとても楽しく 好きにしてくれたお店です。

頼金 栄子
京都髙島屋店 副店長

私は洋服が好きで接客が好きで、この道に進みたいと思っている時にパドカレと出会い 早11年が経ちました。

店舗では常にスタッフ同士でコミュニケーションを取り合う事でブランドの伝道者としての自覚を共有し、長年支えてくれている顧客様や新しいお客様が楽しくお買い物をしていただける環境作りを大切にしております。私自身は店長のサポート全般をしております。レイアウト変更や販売計画を立てお客様の期待に応えパドカレのファン増やして行ける様に日々、励んでおります。

吉田 佳代
札幌大丸店 

私は学生時代から服が好きで13年販売職に務めてきましたが一度アパレル業を離れました。
ですが、やっぱり服が好きで、お客様や自分自身の価値観が共感出来る環境で働きたいと再就職で応募しました。
実際働いてみるとパドカレの服から発信する思いが強く、そこにとても惹かれました。お客様からは"服の心地良さを知るとまた買いたくなる、新しい発見が嬉しい"との声が多く、そんな声を自然と新規のお客様に自慢してしまう程です。スタッフの方々も常に前向きで自分次第で成長出来る環境だと改めて認識しました。

現在、新店舗を任せて頂き、レイアウトから数字の管理、スタッフ教育など新たに学んでいます。日々、お客様に求められる店舗に成長していけるよう努めて行きたいと思います。

小林 真由美
たまプラーザ東急店 店長

多くのファストファッション店が存在し、服を購入する方法も多岐に渡っている現代。私たちは、ただ服を売るということをしたい訳ではありません。

お客様に寄り添い、心に刺さる接客をすることで、お客様との信頼関係を生み出し、ただ服を売っただけで終わらないような接客を目指しています。
現在、店長として店頭に立っていますが、接客に絶対的な答えはなく日々課題が出てきます。お店に欠かせない洋服も店舗毎で発注しているため、このお店にはいつなにがどれだけ必要かを見極めることも重要な仕事のひとつとなります。

考えることは日々沢山ありますが、店舗毎の意見をきちんと聞いてくれる環境の元、スタッフ同士のチームワークで、お客様に必要とされる居心地の良いお店作りに臨んでいくことが出来るブランドであると思います。

髙橋 佳子
東京ミッドタウン店 店長

世界観に共感でき、トレンドに左右されず年齢を重ねても長く勤められるブランド。
就職活動を行うに当たり 真っ先に思い浮かんだパドカレの志望動機です。

今は福岡店の店長としてレイアウト、数値管理、スタッフ育成などお店の運営を任されていますが、一番大切にしていることは、入社当時と変わらず『一人でも多くの方にパドカレを通し、ファッションを楽しんで頂きたい。お客様に信頼される販売員でいたい』という思いで店頭に立つ日々です。
何よりも、毎シーズンアップデートされるコレクションを目にするたび、心が弾みます。服と人が好き、シンプルだけど販売員としてとても大事なことだと思います。

今後もパドカレの世界観を伝える場として、九州唯一の直営店としてスタッフ一丸となり福岡店を盛り上げていきたいです!

田代 愛子
アミュプラザ博多店 店長

私は学生時代から服が好きで13年販売職に務めてきましたが一度アパレル業を離れました。
ですが、やっぱり服が好きで、お客様や自分自身の価値観が共感出来る環境で働きたいと再就職で応募しました。
実際働いてみるとパドカレの服から発信する思いが強く、そこにとても惹かれました。お客様からは"服の心地良さを知るとまた買いたくなる、新しい発見が嬉しい"との声が多く、そんな声を自然と新規のお客様に自慢してしまう程です。スタッフの方々も常に前向きで自分次第で成長出来る環境だと改めて認識しました。

現在、新店舗を任せて頂き、レイアウトから数字の管理、スタッフ教育など新たに学んでいます。日々、お客様に求められる店舗に成長していけるよう努めて行きたいと思います。

小林 真由美
たまプラーザ東急店 店長
採用に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします

中途採用エントリー

エントリーされる方は、下記フォームより入力・送信下さい。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
会社概要
会社名 株式会社ギャラリー・ド・ポップ
代表者 代表取締役 小林 司
設立 1989年3月
会社住所
東京都渋谷区恵比寿西2-11-16 グランディ代官山1F
設立 1989年3月
店舗 札幌大丸・仙台パルコ2・日本橋髙島屋・丸の内新丸ビル・六本木東京ミッドタウン・新宿ミロード・京王百貨店新宿・吉祥寺東急・立川グランデュオ・玉川髙島屋・たまプラーザ東急・横浜髙島屋・名古屋髙島屋・京都髙島屋・梅田阪神・大阪髙島屋・神戸大丸・広島三越・アミュプラザ博多

COPYRIGHT © GALERIE DE POP ALL RIGHTS RESERVED
※画像の無断利用・転載を禁止します
設立 1989年3月